マケキャン卒業生にインタビュー未経験でも 本当にWebマーケティング業界に転職できるの?

マケキャン卒業生にインタビュー 本当にWebマーケティング業界に転職できるの? スクール

Webマーケティングスクール マケキャンの転職成功率98%みたいです。すごいですよね。高い数値過ぎて現実味がないですし「本当に転職できるの?」と疑う人もいると思います。

そんな不安を減らすためにも、マケキャン卒業生のつよしさんにインタビューしました。

マケキャン卒業生つよしさんプロフィール

  • マケキャンではどんなスキルが身につく?
  • キャリア形成の講義ってどんな感じ?
  • 課題がハードってほんと?
  • 厚いキャリアサポートの内容は?

などなど沢山聞いたので、参考にしてください!

当記事は2022年4月時のマケキャンの内容です。 現在では変わっている部分もあるので、気になることは無料相談で一度相談しましょう。

3つのパートに分けてインタビューを進めています。

  1. 申し込むきっかけ
  2. 受講後の流れ
  3. 転職活動

マケキャンbyDMM.comとは

マケキャンbyDMM.com

あのDMM.com グループが運営するWeb マーケティングスクール「マケキャン」。
何となく聞いたことある人も多いと思います。

ざっくり特徴をまとめるとこんな感じです。

  • 転職サポート付きの「転職コース」 33万円(税込)
    • スキルアップが目的の「学習コース」17.6万円(税込)
  • 転職成功率98%
  • 業界ではめずらしい転職保証サービス(転職コース)
  • 採用通過率1%を通過したキャリアドバイザーがサポート(転職コース)

スクール運営責任者に聞いたマケキャンのリアルな口コミと評判もまとめているので、スクールが気になる人は要チェックです。

【申し込み前】なんで転職?マケキャン受講?

steps

グロン(筆者)
グロン(筆者)

転職を考えたきっかけを教えてください!

つよしさん
つよしさん

医薬品の営業を4年半ほど経験していましたが、2つの理由から転職を考えました。

①業界の不安
 ・情報提供ルールが厳しく自分で資料を作成できない
 ・ジェネリック製品の増加による市場の縮小
 ・メーカーの予算の都合で新製品の開発が減ってきている

②今後のキャリアステップ
 ・営業の経験を活かしたキャリアップがマーケティングだった
 ・デジタル化の市場は伸びてきている
 ・読書や動画で独学して興味を持った

グロン:
市場の縮小は意外でした!
あと、確かに営業の経験をマーケティングに活かす方が多いですよね。

つよしさん:
そうですね。前職でも営業の企画検討に携わるなど、若干マーケ寄りの業務もしていました。パワポやExcelなど資料作成も営業で慣れているので、マーケターでも活かしていけそうです。

何でスクール受講決めた?

グロン(筆者)
グロン(筆者)

スクール受講を決めたきっかけを教えてください!

つよしさん:
Webマーケティングの勉強していましたが、独学では先が見えないなーっと思ってスクールは早めに視野に入れていましたね。

グロン:
確かに独学だと非効率ですし、限界もありますよね。
Webマーケティングのスクールって複数ありますが、スクール選びは悩みましたか?

つよしさん:
色々なスクールの口コミをみていましたが「転職に強い」のと、
アウトプットもしっかりできるのでマケキャン一択でした。

副業としてプログラミングも少しやってみましたが、自分には合いませんでした。その際に、ブログなどの副業もありますが、まずは転職を優先させようと思いました。

【受講後】マケキャンのリアルはめっちゃハード?

scrum-board

グロン:
マケキャンの講義について聞かせてください!
週一回の講義は下記のような流れでしょうか?

  1. 前週の課題を受講生数名が発表
  2. 発表に対して講師からフィードバック
  3. Webマーケティングについての講義
  4. キャリアについての講義
  5. Twitter頑張った方へTwitter賞などのアワード発表

※講義以外の日に課題として「テーマに沿ったプレゼン資料の作成」&「動画講義視聴」

詳細はこちらの記事をチェック
https://gronblog.com/makecam-graduate-interview/

つよしさん:
大体の流れは合っています!
インプットは週1回の講義と平日に視聴する動画講義がメインでした。
課題として調査資料作成や、その資料を使ったプレゼンなどアウトプットがメインのスクールですね。

グロン:
プレゼンは緊張しそうですね笑
印象に残ったフィードバックとかはありますか?

つよしさん:
使用している画像、キャッチコピー、競合選定、広告設定など、あらゆることに「なぜ?」と根拠を求められた印象です。

ロジカル思考が足りず、うまく答えられない人もいましたね。

グロン:
実際の現場でも根拠を持つのは大事なので、納得のフィードバックです笑
私も最初はフワッとした提案ばかりで苦労しました…。

マケキャンならではのキャリア設計講義について

グロン:
マケキャンではキャリアについての講義もあるみたいですね。

つよしさん:
あります!キャリア設計の講義では

  • 広告業界の市場や全体感の説明
  • アカウントプランナーや広告運用などのの職種説明
  • マルチタスクの進め方を学ぶケースワーク
  • 広告改善方法の考え方を学ぶケースワーク
  • 転職成功したマケキャン卒業生に質問

上記のような内容でした!

グロン:
業界理解や仕事のこなし方が身につきそうです。
業界理解は転職活動でも活かせますよね。

つよしさん:
そうですね。「各用語の定義」は特に転職活動で活かせました。

「デジタルマーケティング」や「アカウントプランナー」など用語が多いですが、それぞれがどんな定義で、何が求められているかを理解できたので、実際に転職した後のイメージが具体的になります。

グロン:
イメージを具体的にするって大事ですよね。転職活動をしていた時の私は、ネットで調べてましたが、抽象的な内容ばかりで曖昧なイメージでした。そのまま「Webマーケターになりたいです!」と転職活動して128社も不採用です笑

あと、具体的なイメージを持っておくと転職後の悪いギャップも防げることも大きなメリットになります。

こういったキャリア設計の講義ができるのも、キャリア専門の講師がいるマケキャンならではですね!

課題はやっぱりハード?

グロン(筆者)
グロン(筆者)

マケキャンの課題はハードと聞きますがどうでしたか?

つよしさん
つよしさん

ハードだと思います笑

つよしさん:
仕事終わりに少なくとも1日2〜3時間ほどは作業時間を確保していました。

グロン:
現職がハードな人だとついていくのも大変かもしれませんね。

つよしさん:
そうですね…。
ただ、質問はしやすい環境だったので、時間さえ確保できれば乗り越えられそうです。

講義以外の日でもチャットで質問できますし、Zoomが開放されている日もあるので「考え方」が正しいかは早めに確認していました。

たくさんご指摘いただきますが、その分成長もできるので指摘をもらうためにも質問していましたね笑

グロン:
指摘されると辛い時もありますが、結局現場でも同じなので、忖度なしの指摘は嬉しいですね!

同期との関わりについて

グロン(筆者)
グロン(筆者)

同期は何人くらいいましたか?

つよしさん
つよしさん

約20人でした。

つよしさん:
LINEで連絡をとっていたり、転職活動が始まる直前にZoomで話したりしてました。

グロン:
Twitterを見る限り、マケキャンの同期は仲が良いイメージあります笑
自分は転職後、同年代が一人しかいなかったので同年代の知り合いが増えるのは羨ましいです…。

最終課題 企業プレゼンについて

グロン(筆者)
グロン(筆者)

最終課題の企業へのプレゼンは大変でしたか?

※企業プレゼンは転職コースpremiumの受講生限定

つよしさん
つよしさん

大変でしたが良い経験になりました。

つよしさん:
受講生:4〜5名、企業:1社(1〜2名) のグループに分かれて、グループ内で受講生が1人ずつプレゼンをします。

その後、企業の方にグループ内で1番良かった人を決めていただき、選ばれた人は代表としてグループ外含める全体にプレゼンを披露します。

グロン:
企業の方に自分の提案を聞いてもらうのは、実際の現場のような機会なので良い経験ですね。でもめっちゃ緊張しそうです笑

つよしさん:
確かに緊張はしました笑

でも発表練習もありましたし、録画データを見た講師の方から、フィードバックはいただいてたので、思っているほどは緊張しませんでしたね。

グロン:
発表練習もしっかりあるんですね!
プレゼンはうまくいきましたか?

つよしさん:
企業プレゼンは2日間ありましたが、どっちも代表に選ばれました!

グロン:
2回とも代表に選ばれたんですね!すごい…今度プレゼンの勉強をさせてください笑

マケキャンのメリット・デメリット

グロン(筆者)
グロン(筆者)

マケキャンのメリット・デメリットを教えてください!

つよしさん
つよしさん

まずメリットからですが、3つあります。

①アウトプット機会が多い
→毎週のプレゼンだけでなく、木曜日にも補講というアウトプット機会があり、わからないことの解消、プレゼンの事前準備ができました。

②転職サポートが手厚い

③受講生のtwitterが活発で自分のモチベーションも高まる

グロン:
3つもありがとうございます!

実際に転職してからじゃないと、アウトプットの機会って中々作れないので魅力的なメリットですね。

Twitterについても「#マケキャン24期生」などよく見かけます笑
同期が頑張っていると自分も頑張れますよね。

転職活動については後ほど詳しく聞かせてください。
デメリットについてはいかがですか?

つよしさん:
デメリットは「課題の量が多いため、時間が取れないとあまり身にならない」ですね。
動画講義はすぐ見終わるのですが、分析の課題に時間を使います。

「3C分析」や「カスタマージャーニーマップ作成」などの分析をしますが、
調査から始めて、その後パワーポイントで資料作成になるので大変でした。

グロン;
確かに調査〜資料作成は慣れていないと大変ですよね。
算数のように明確な答えがないので、つい無限に時間を使ってしまいがちですし。

つよしさん:
私は営業の経験から少し慣れていましたが、完全に未経験の人は本当に大変だったと思います。

ただ、大変な分鍛えられるのは間違い無いです笑
あと、広告の管理画面、SEOのようなスキル、知識は学べないですね。

グロン:
確かにメインは
広告運用ですが、実際に配信などはしないですよね。
転職サポートはマケキャンほど手厚くないですが、広告運用の実践をしておきたい方は「ワナビーアカデミー」というスクールがおすすめです。

【経験談】ワナビーアカデミーに通えば未経験でも転職できる?【卒業生にインタビュー】

【マケキャン卒業後】転職活動でスクール経験は活かせた?

job-listing

グロン(筆者)
グロン(筆者)

転職活動の結果を教えてください!

つよしさん
つよしさん

10社応募して2社内定でした!

転職活動の結果
紹介求人数:11件
応募数:10社
1次面接数:8社
2次面接:4社
最終面接:3社
内定:2社

グロン:
未経験転職なのに内定獲得率20%って凄いです!
スクールに入らなかった私は、1つの内定を取るのに128社落ちました…

 書類通過率(応募数)面接通過率(面接数)内定獲得率(応募数)
グロン6.97%(129社)20%(10社)0.78%(129社)
つよしさん80%(10社)60%(15社)20%(10社)

それでは実際の転職活動の流れに沿って色々聞かせてください!

転職準備

グロン(筆者)
グロン(筆者)

マケキャンではどんな転職準備をしましたか?

つよしさん:
キャリア形成の講義もありましたが、そのほかにも自己分析をサポートしてもらいました。

マケキャン専属のキャリアトレーナーと自分の過去〜現在を振り返る自己分析です。

グロン:
専門のキャリアトレーナーさんに聞いてもらえると、思わぬ発見がありそうですね。

つよしさん:
そうですね。自分には「継続力」があったと気づくことができ、転職活動でもアピールしてました。

得意なことって自分では当たり前過ぎて気づきにくいですし、言語化していただいて助かりました。

マケキャンからの求人紹介

グロン(筆者)
グロン(筆者)

マケキャンからは求人紹介ありましたか?

つよしさん
つよしさん

はい。紹介いただきました。

事前に希望を聞いてもらえる機会がありますが、そこで支援会社のアカウントプランナーを志望しました。

アカウントプランナーとは
ざっくり言うと広告業界の営業担当のことです。宣伝する商材の内容をヒアリングしたり、顧客へWeb広告の提案をしたりします。

グロン:
アカウントプランナーを志望したんですね!Web広告運用からだと思いました。

つよしさん:
私の場合、営業経験があるのでアカウントプランナーの方が転職しやすいと考えてたんですよね。
ただ、求人を見るとアカウントプランナーと兼任で広告運用もできる求人も結構ありました。

転職を決めた会社も、まずは広告運用者で後々アカウントプランナーにも携わるという業務内容です。

グロン:
広く携われるのは得られるものが多そうですね!
紹介いただいた11社の内、10社応募なので志望通りの求人だったのでしょうか?

つよしさん:
そうですね。結局応募したのもマケキャン経由のみで、転職サイトなどは使ってないです。

応募書類について

グロン:
履歴書や職務経歴書は添削してもらえるんですか?

つよしさん:
そうですね。キャリアトレーナーの方に添削してもらえました。
あと、課題として作成した広告運用の提案資料も応募時に提出します。

グロン:
提案資料も提出するんですね!
他の応募者と差がつきますし、評価されそうです。書類通過率も80%と高いのが納得です。

つよしさん:
意外と提案資料を見ていない面接官もいました笑

ただ、内定を頂けた企業は提案資料を評価してくれていました。なので、応募書類と一緒に提出して良かったです。

面接について-納得の転職成功率98%

グロン(筆者)
グロン(筆者)

面接って苦労しそうですがどうでしたか?

つよしさん
つよしさん

転職活動で1番苦労しましたね笑

基本的な流れは

  1. なぜWebマーケティングか?関連
  2. スクールで学んだこと関連 など

これら2つを聞かれることが多いですが、「なぜWebマーケティングか?」の回答に苦戦しました…。
話すのが苦手とは思ってないですが、仕事観や目指したいところの言語化って意外と難しいです。

グロン:
確かに納得させるレベルの言語化って難しいですよね。
ただ、それでも2社から内定いただけたのは凄いです!

つよしさん:
キャリアトレーナーの方とPDCAを回していたので、最終的には苦戦した内容も改善できました。
まず、マケキャン経由の応募だったので、不採用時のフィードバックを企業から具体的に聞くことができます。

私の場合は

  • なぜ支援会社のアカウントプランナー?の転職動機が弱い
  • 前職が残業少なかったので、転職後ついてこれるか不安

などが不採用の原因でした。
それに対して、どう答えるべきだったかキャリアトレーナーと一緒に考えて改善します。転職活動時は少なくとも1週間に1回はキャリアトレーナーと面談していましたね。

面接前にも模擬面接や、想定質問への回答シュミレーションなど万全の対策で面接に臨むことができました。

グロン:
凄い…転職活動でここまでPDCAが回せるんですね。
私は当時、転職エージェントを使用していましたが、不採用時にここまで具体的なフィードバックはもらえませんでした。

大体が「求めてるレベルではなかったので〜」くらいの抽象度ですね。

つよしさん:
サポートしてもらえて本当に良かったです…。

他にも

  • 高額な金額を払ってまで勉強する意欲
  • マケキャンの知名度の高さから安心感を与えられる

などマケキャンに通ったメリットはたくさんあります。

グロン:
どうりで私は128社も不採用になるわけです…。こんなスクール生と比較されたら中々勝てないと思います笑

転職先の企業について

グロン(筆者)
グロン(筆者)

最終的にはどんな企業へ転職を決めましたか?

つよしさん:
これから入社になりますが、志望していたインターネット広告代理店に転職しました。社員数百人規模の会社です。

転職活動時はアカウントプランナーで話を進めていましたが、最終的にはWeb広告の運用者からスタートすることになりました!

グロン:
やりたかったWeb広告の運用にも携われるんですね!

つよしさん:
そうですね。なので満足いく転職になりました。

営業経験がないときつい?

グロン:
マケキャンとは関係ないですが、営業の経験はWebマーケティングで活かせそうですか?
未経験でWebマーケターを目指す際に、営業を勧められることが多いんですよね。

つよしさん:
活かしやすいと思います。
そもそもマーケティング思考がないと、人にモノを売れないので笑

あとは、売上目標から逆算して行動することや、売上の数字管理など自然とマーケターに必要なスキルが身に付きます。

グロン:
確かにそう考えると営業を一度経験するのも良いですね。
結局Web広告もデジタルで営業活動してるようなものですし。

つよしさん:
そうですね。YouTubeのサラタメさんも「営業に転職してからWebマーケティング業界へ転職」など二段階に分けての転職も勧めてました。

グロン:
ブログやSNSで実績作りに挑戦する人もいますが、難しい場合は営業から段階を踏んでWebマーケターも良いですね。

マケキャン受講を悩んでいる方へ

グロン(筆者)
グロン(筆者)

マケキャン受講を悩んでいる方へ一言お願いします!

つよしさん:
マケキャンはキャリアサポーターの方の評判が良いですが、実際に評判通りのため、良い意味でギャップはなかったです。

なので「まずは転職をしたい」という方はマケキャンをおすすめします。気になることは無料相談で色々聞いてみましょう!

グロン:
今回はインタビューを受けていただきありがとうございました!

まとめ

つよしさんへのインタビューでマケキャンの実態が色々わかったので、最後にまとめます。

  • 課題はハードだけどマーケターに必須のプレゼン力、調査力が身につく。
  • キャリア形成特化の講義で転職後に後悔するリスクを減らせる。
  • 専門キャリアアドバイザーとのPDCAで転職成功率UP

私自身も「転職成功」が目的ならマケキャン1択だと思います。

とはいえまだ不安は残ってますよね。そんな方は直接聞いて見るのが早いです。
当然、受講を勧められますが気になることを直接聞けますし、無料相談の後でも悩む時間はつくれます。

Webマーケターとして自由な働き方を実現するためにも、まずは一歩だけ進んでみましょう!

\まずは不安を解消することから/
タイトルとURLをコピーしました