Twitterのヘッダー作成で 初心者でも失敗しない方法【実例あり】

Twitterのヘッダー作成で 初心者でも失敗しない方法【実例あり】 Webマーケティング

「Twitterのヘッダーおしゃれな人多いな。でも作るのは難しそう」って思うことありますよね。
そんな方初心者の方でも簡単にヘッダーを作る方法を実例付きで紹介します!
第一印象って3秒で決まると言われているので、フォローしてもらえるかはヘッダーの良し悪しに大きく影響をされます。

今回は私の失敗談も紹介していますので、この記事を読み終わったあと自分のヘッダーは大丈夫か確認してみてください!

 

ヘッダーの作り方 自作編

「ヘッダーを自作といっても初心者だし作れないよ」って思いますよね。
ただ、デザインの知識が全くない私でも以下のヘッダーを作ることができました。
そこそこにかっこいいヘッダーになったと自賛しています。笑

 

自作

上記の画像はFotor」という無料の画像編集サイトを使用してヘッダーを作成しました。
Twitterヘッダー用のテンプレートがあるので、①テンプレートを選ぶ②キャッチコピーを考える この2工程だけです。

Fotorでのヘッダー作成方法

それでは実際にFortorでヘッダーを作成していきます。
今回はPC版を使用していますがスマホの方はアプリ版を利用してください。

 

①top画面から「Twitter Cover」のテンプレートを選択する。

ヘッダー作成方法①

②テンプレートを選択する(私はビジネスで検索して探しました。)

ヘッダー作成③

③キャッチコピーを入れて「Export」を選択

ヘッダー作成4

④ファイル名と拡張子を決めてダウンロード

ヘッダー作成⑤

以上の4ステップでヘッダーの完成です。
使用するテンプレートとキャッチコピーさえ決まれば簡単に作成できます。私の場合はキャッチコピーが決まっていたので、1時間ほどで完成しました。キャッチコピーは「キャッチコピー 広告」で検索したり、人のヘッダーを参考にして考えてます。

「Fotor」の他にも、「canva」を使用されている方も多いですね。

無料でもここまでのクオリティ出せるのは魅力的です!
ただ、同じテンプレートを使っている人がいたりと、他人と被ってしまう時があります。笑

 

他人と被るのが嫌な人は、次の章で説明する外注でヘッダーを作ることをおすすめします!

ヘッダーの作り方 外注編

素人の自作でもそれなりのヘッダーは作れますが、プロにはクオリティで勝てないので外注はおすすめです。ちなみに私はココナラというアプリから外注しましたが、その時作成していただいたヘッダーが以下となります。受領した時クオリティの高さに衝撃を受けましたね。

 

ココナラヘッダー

 

ココナラで「Twitter ヘッダー」と検索すると1,770件も該当しました。これだけプロがいると迷ってしまいますね!
大体が1,000円〜2,000円ですが、高いと4,000円の方もいるのでピンキリですね。私はモリさんという方に1,000円(2021/4/22時点)で作成していただきました!上記の画像がその時に作成いただいたものです。

 

ちなみに、私が発注した時の具体的な流れは以下です。

  1. 購入する
  2. どういったヘッダーにするかヒアリングを受ける(詳細は後ほど)
  3. ラフ画像の連携。修正依頼などはここで伝える。
  4. 完成したヘッダー画像を受領。

1〜4まで2日ほどですね。その時の忙しさや、作成する方によっても変わってくるので程々に参考にしてください!
ヒアリングについては雰囲気や使いたいキャチフレーズ、画像があるかなどアンケートに応える形式でした。
その後はラフ画の確認や、完成したヘッダーの受領のみでそこまでやりとりはありませんでした。

 

私の場合の結果になりますが、自分で作成した時と比較したので参考にしてください。

  自分で作成 外注

クオリティ

そこそこ高い(他人と被るかも) めっちゃ高い
作成時間 1時間 2日間(発注〜受領まで)
料金 無料 1,000円

こう見ると外注して正解だったかなっと思ってます。

 

とはいえ「雰囲気とかキャッチフレーズどうしよう」って思いますよね。
大きな要素なので失敗するとイマイチなヘッダーになってしまいます。
そのため、次の章で紹介する私の失敗談を参考にして、同じ失敗を防いでください!

 

ヘッダー外注の失敗談【結論:統一感が大事】


それでは私の失敗談を紹介しようと思います。今回これを伝えたくてこの記事を書きました。笑
前の章で作成していただいたヘッダーを紹介しましたが、実はあれ2つ目なんです。一度作成したあと、自分のイメージと合わなかったので追加で発注しました。
以下が1つ目に作成していただいたヘッダーになります。

 

kokoならヘッダー失敗

ヘッダーに設定すると

ヘッダーの設定

 

「うーん・・・」と違和感があり、正直合ってないと思いました。当然ですが製作者さんは全く悪くありません。
製作者さんは私の発注通りのヘッダーを作成してくれました。つまり、私の発注内容に問題があります。
その時は以下のように発注依頼を出しました。(雰囲気が雑過ぎて本当に申し訳ないです。)

記載したい言葉:未経験で転職したけどWebマーケター1年目って何やるの?
イメージカラー:黄色
雰囲気:シンプルでクールな感じ

 

この発注内容の何が問題かというと

記載したい言葉:未経験で転職したけどWebマーケター1年目って何やるの?(ポップ)
イメージカラー:黄色(ポップ)
雰囲気:シンプルでクールな感じ(クール)

この様にポップとクールの統一感が取れていませんでした。(ポップとクールの感性は完全に主観です。)
これが違和感の原因です。

 

その時の私はクールに寄せたかったので、言葉やカラーを変えようと思いましたが、
そこである要素が漏れていることに気づきました。それは「コンテンツ」です。
今回はTwitterのヘッダーなので、コンテンツは私の普段のツイートやキャラを指します。

パッと見の印象とコンテンツが一致しないとフォロー解除されます。広告に惹かれて買った商品がイメージと違った!みたいな感じです。笑

私の普段のツイート内容

私がTwitter運用で意識していたのは「Webマーケター1年目のフレッシュさを出す」なので、クールではなくポップです。

「転職した直後の1年目」というのに価値を感じていたので、コンテンツをクールに変えるのは難しいと判断しました。(クールな1年目って違和感ありますよね)

 

以上のことから雰囲気をクールからポップに変えて追加で発注し、以下のように統一感を出しました。

記載したい言葉:未経験で転職したけどWebマーケター1年目って何やるの?(ポップ)
イメージカラー:黄色(ポップ)
雰囲気シンプルでクールな感じ(クール) → ポップでキャッチー(ポップ)
コンテンツ:1年目のフレッシュさを出す(ポップ)

※イメージするポップなヘッダー画像も連携しました。

 

再発注後のヘッダー

ヘッダー完成

最高のヘッダーです!
製作者さん本当にありがとうございました。

 

結論、自分がクールorポップかを確認してから、ヘッダーの「雰囲気」「キャッチフレーズ」を設計して統一感が出せれば失敗を防げます!

まとめ

Twitterヘッダーの作り方をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
自作、外注と2つの方法がありますがどちらでも魅力的なヘッダーを作成できます!

外注の際に気をつけていただきたいのは、
製作者さんがどんなに優れていても、発注内容に問題があると良いヘッダーは作れないということです。
ただ、事前にクールとポップを整えるだけなので簡単です!

ぜひぜひ外注もしてみてください!

 

ちなみに私はTwitter経由で転職を成功させているので、その内容も以下にまとめています。
就活中の方は読んでみてください!

【事例紹介】Twitter採用ってほんと?Twitter経由で内定を貰えた話
どうも!グロンです。 先日、Twitter経由で内定を頂き 4月から念願のWebマーケターになります! Twitter経由で選考が始まりました🧑🏽‍💻 先日マーケ職で...
タイトルとURLをコピーしました